梅田洋品店が O-katte LABOにやってくる!

0

    JUGEMテーマ:梅田洋品店

     

    先日友人が言った一言

    「アフターコロナで丁寧に生きようって思った。」

     

    丁寧に生きるって、なんだろう?って思う様になって

     

    例えば?丁寧に生きてるって人って言われて、直ぐに浮かぶ人たちは、私的には

    ターシャ・テューダーとか

    「世界で最も貧しい大統領」のムヒカさん

     

    リーズーチーは…まあ、素敵だけど、最近自分に酔い始めてる感じが

    怖くなってきたw

     

    そして身近なひとなら?と考えたら

    梅田洋品店の梅ちゃん

     

    若い時に青年海外協力隊でアフリカに行っていた梅ちゃん。

    当時のアフリカの女性の人権も地位もあまりにも低く

    10歳を過ぎると、食い潰しのために嫁に行かされる。

    貞操を守るために、性器縫合とか、そんなことを行われていたアフリカ

    歳をとると捨てられて、手に職も、知識もない女性はホームレスになるしかないとか

    そんな話はTVの中の話だけだと思っていた私

     

    女性の地位向上と自立のために、彼女は裁縫という技術を教えに行っていた一人だ。

     

    日本に帰ってきた後も、アフリカの布文化という素晴らしいものを広げるためにと

    梅田洋品店として開業した。

     

    そんな彼女の熱い気持ちは、怨念なのか?w

    梅田作品には着る人を幸せにする魔力でも入っているんじゃないか?と私は思う。

     

    梅田洋品店のコアユーザーYさんはいう。

    「辛いことばっかりで本当に悲しい気持ちで過ごしてたんだけど

    朝、梅田スカートを洗濯して干していると、それだけで『ありがとう』ってお礼を言いたい

    気分になるんだよね〜。本当履くだけで幸せになれるスカートだよね」

     

    聞いていた私まで目頭が熱くなって、嬉しくって梅ちゃんにメッセージしたっけ

     

    そんな梅ちゃんの服に惚れ込んで早10年?

    確認したら7年だった。コレが2013年4月に初購入らしい。

     

    気がついたら、クローゼットの中はこんなことになっている。

    しかも…ここだけじゃないわけです。小物やバックも盛り沢山だからね。

    あ、エプロンもあるな?

    6畳くらいのPOP UP shopくらいの展示場ができると思う。

     

    ほぼほぼ365日履いているので、この梅雨時期洗濯に出ているものをある訳よ。

     

    ダディーのシャツも数枚あるし

    マッキーが3歳の頃からのバルーンパンツも、

    下のゴムを外すと普通のショートパンツになって

    小学生になっての今、私服登校に大活躍だ。

     

    ハンカチ入れも梅田だし

    シュワルツもご飯と時耳の毛が汚れない様に使う

    スヌーズも梅田製だw すごい不機嫌そうだけど…

     

    そんな梅田スカートは安くはない。

    高くないんだよ?正当なフェアトレード以上の

    ダイレクトトレードとして梅田さんが買い付けいってるレベルだからね?

     

    児童労働もなく、正当な金額の服として本当にコスパがいい。

    例えば、コレ2個目のサルエル

     

    ジャーキーの出店の時やらキャンプの時ならすごいお気に入りでよく履くものだから

    まずは出店時の荷物運びで、ポッケのところが裂けましてね?

    梅ちゃんに連絡すると直してくれる。

     

    店で角に引っ掛けて破けてしまったお気に入りスカート

    レースで補修してくれた。

     

    そして、あまりにも活躍しすぎている首長鳥のサルエルが

    裾が擦れて割れてきた。コレも直してくれると思うので、持っていこうと思っております。

     

    というのも、初梅田から次に購入した2、3着めのこの子たち

    緑の方は今でも大活躍ですが、オレンジの方が大のお気に入りで

    色抜けして、上のゴムの部分が擦り切れちゃって捨ててしまった訳です。

     

    それを梅田さんに話したら泣かれましてね〜

    その後はリメイクリメイク三昧になっております。

     

    もう、如何にもこうにもダメだったら、雑巾にするからー!とおっしゃっております。

     

    イベントの時も、お客様がいなくなると、ちっちゃな端切れで何か作る。

     

    3cmの布も無駄にしたくないって、アフリカの作っている生産者を直に知っている彼女は

    絶対に捨てたくないっていうんですよ。

     

    こんな人が私の中の丁寧な暮らしをしている人かな?

    そんな梅田さんが旧オカン食堂が

    O-katte LABOとして娘の結さんが引き継いだんです。

     

     

     

    7/11(土)〜7/13(月)静岡県袋井

    「O-katte LABO」で梅田洋品店POP-UPショップ2020!開催です。

    是非どうぞ!

     

     




    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    営業カレンダー

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • 女は男の匂いで惚れる。
      ちこ
    • 女は男の匂いで惚れる。
      kiki
    • 創業祭だよ 2019 商品紹介
      ちこ
    • 創業祭だよ 2019 商品紹介
      shimashimashippo
    • 創業祭だよ 2019 商品紹介
      ちこ
    • 創業祭だよ 2019 商品紹介
      shimashimashippo
    • 創業祭だよ 2019 商品紹介
      ちこ
    • 創業祭だよ 2019 商品紹介
      さと
    • 創業祭だよ 2019 商品紹介
      ちこ
    • 創業祭だよ 2019 商品紹介
      さと

    links

    profile

    書いた記事数:1176 最後に更新した日:2020/08/13

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM